1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. ESG投資/SDGs
  5. 中国における環境分野の動向~省エネルギー・再生可能エネルギー分野を中心に~

中国における環境分野の動向~省エネルギー・再生可能エネルギー分野を中心に~

2008年05月26日

横塚 仁士

サマリー

中国における環境問題は非常に深刻化しており、中国の政府と企業の環境分野における取り組みに対して中国国内だけでなく海外からも関心が集まっている。なかでも、エネルギー問題の改善・解決が中国では喫緊の課題となっており、中国政府は省エネルギー化を促進するための関連法規・政策の整備や、国家的な目標の設定など、国を挙げて省エネに取り組む姿勢を見せている。
そのような状況のなか、中国における省エネルギー化は徐々に進展しているが、大幅な改善の余地があると思われる。また、中国では石炭・石油など化石燃料にエネルギー消費を依存する体質からいち早く脱却することを求められており、風力や水力、太陽光をはじめとする再生可能エネルギー分野の発展を急いでいる。省エネルギー・再生可能エネルギー両分野ともに一定の進展を見せているが、今後はモニタリング体制の強化や技術力の向上、さらに環境税などの経済的手法の導入など、一層踏み込んだ取り組みが必要になると思われる。 

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加