1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. ESG投資
  5. 持続可能な低炭素社会を考える

持続可能な低炭素社会を考える

2007年10月19日

調査本部 主席研究員 河口 真理子

サマリー

◆地球温暖化問題が高い関心を集めるようになり、様々な地球温暖化対策が議論されている。これらは技術が中心で、かつその中には、二酸化炭素削減にはつながっても資源の枯渇や生態系へのダメージなど他の環境問題を引き起こすリスクの高い技術なども含まれている。

◆そもそも、温暖化対策の目的は、持続可能な低炭素社会構築にある。今必要とされる温暖化対策とは、循環型・自然共生型の低炭素技術であり、また低炭素社会に誘導するような仕組みの構築である。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加