1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. 資産運用・投資主体
  5. 上場企業の資源配分の現状と 家計の資産形成開始のタイミング

上場企業の資源配分の現状と 家計の資産形成開始のタイミング

財務データの積み上げによる企業の資源配分に関する分析

政策調査部 主任研究員 神尾 篤史

サマリー

◆上場企業の財務データを集計して、「設備投資等」「有価証券投資」「従業員還元」「株主還元」の4つについて企業の資源配分の状況を観察すると、企業はいずれの項目でも資金投入を増加させているが、「株主還元」に最も力を入れている。


◆官民を挙げて成長と企業価値向上に取り組んでいる現状に鑑みると、「株主還元」が伸びている現状は、家計が資産形成を進めるタイミングとして好ましいと考えられる。経済成長や「貯蓄から資産形成へ」という官民の積極的な姿勢が強まることはあっても弱まることはないとみられる現在は、家計が資産形成を進める好機だろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加