1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. コンサルティングレポート
  4. ビジョン/中期経営計画
  5. SDGsなき世界のために企業が果たせる役割

SDGsなき世界のために企業が果たせる役割

〈合理的愚者〉か、さもなくば協調的発展か

コンサルティング第二部 コンサルタント 青葉 亮

サマリー

◆SDGsという概念が旧来の類似概念と一線を画すのは、持続可能性に関する取組自体の〈持続可能性〉を目指す点にこそある。社会課題の解決は、それを行う行為者自身も結果的に利益を得られなければ続かない。

◆企業は、自社の利潤獲得という本義に基づきながら、社会的課題の解決に関わることができるアクターである。だからこそ、SDGsの達成における企業の役割は大きく、その貢献が期待されている。

◆SDGsのゴールは、「SDGsなき世界」である。これを達成するために我々は、地球環境という〈有限性〉の条件下で、いかに発展できるかを考えていかねばならない。そのためには、アマルティア・センが「合理的な愚か者」と呼んだような、自己の利益のみを追求する合理主義を乗り越え、他者を配慮する合理主義——〈メタ合理主義〉——に移行しなければならない。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連のサービス