1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. コンサルティングレポート
  4. 退職給付
  5. 退職給付債務における死亡率の影響について

退職給付債務における死亡率の影響について

~将来の死亡率の改善を織り込んだ場合の退職給付債務計算~

2020年09月09日

コンサルティング企画部 受託計算課 コンサルタント 内野 慈

サマリー

◆退職給付債務を計算する上で重要な基礎率の1つに死亡率があり、一般的に死亡率が低下すると退職給付債務は増加することが知られている。

◆本稿では、2020年4月1日に改定された確定給付企業年金法施行規則で定めている基準死亡率及び、IFRS適用時に原則として適用する将来の改善を織り込んだ死亡率が退職給付債務に与える影響を確認する。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連のサービス