1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. コンサルティングレポート
  4. 退職給付
  5. 【退職給付会計】農業協同組合の公認会計士監査に備えて

【退職給付会計】農業協同組合の公認会計士監査に備えて

2018年07月18日

コンサルティング企画部 受託計算課 主席コンサルタント 市川 貴規

サマリー

平成28年施行の「農業協同組合法等の一部を改正する等の法律(改正農協法)」により、一定以上の規模を有する農業協同組合(JA)は、平成31年度までにJA全国監査機構による監査から公認会計士監査(会計監査人監査)へ変更することが決まっている。その影響は多岐に亘ることが予想されるが、本稿では各JAが実施する「退職金制度」「企業年金(確定給付企業年金制度)」等を取り扱う退職給付会計に論点を絞り、民間企業における公認会計士監査の例を踏まえながら、今後、各JAが直面する課題について整理してみたい。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連のサービス