1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. コンサルティングレポート
  4. 地方創生
  5. クラウドファンディングで応援する2020年東京パラリンピック

クラウドファンディングで応援する2020年東京パラリンピック

資金調達手段として、双方向メディアとして

◆クラウドファンディングとは、ある目的を達成するために群衆(crowd)から資金を幅広く集める仕組みで、もっぱらインターネットを媒体とするものをいう。まだ認知度は低いが、その活用が期待される。


◆東京パラリンピックを5年後に控え、選手の競技費用その他活動資金、競技団体の運営経費を賄う資金をいかに確保するかの課題がある。また、一過性の盛り上がりに終わらせず、2020年のパラリンピック終了後に障がい者スポーツの灯を絶やさないことも重要だ。


◆こうした資金調達面の課題にクラウドファンディングが功を奏しよう。それだけではない。クラウドファンディングは挑戦者への力強い応援手段であり、マスメディアの代替とまではいかなくとも補完しうる双方向メディアとなる可能性を秘めている。東京パラリンピックを機に、わが国において草の根レベルの社会貢献が拡がることを期待したい。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連のサービス