1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. コンサルティングレポート
  4. 地方創生
  5. あらためて東京オリンピックのレガシーを考える

あらためて東京オリンピックのレガシーを考える

2020年の大会で何を遺産(レガシー)として残せるのか

中野 充弘

サマリー

◆「オリンピック・レガシー(遺産)」とは「オリンピックが開催都市と開催国にもたらす長期的・持続的効果」の概念である。2000年のシドニー大会以降、国際オリンピック委員会(IOC)は、オリンピック・レガシーを重要視するようになった。そこで、今回はこれまでの関連レポートを振り返りながら、あらためて2020年東京オリンピック・パラリンピックのレガシーについて考えてみた。


◆「コンパクトな大会」「バリアフリー」が2020年大会のキーワードだが、加えて「スポーツを生活に取り入れる」や「文化的な交流」なども注目すべきである。高齢化と国際化への取り組みが加速すると思われる。


◆とりわけ高齢化社会への対応が注目される。スポーツを通じた健康維持、高齢者にもやさしいICT(情報通信技術)の開発、バリアフリーな街づくりが期待される。


◆夏休み時期に開催されることで、国民が一体となった取り組みも可能となるだろう。ボランティアへの参加なども期待される

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連のサービス