1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. コンサルティングレポート
  4. M&A
  5. M&Aにおける買収価格の考え方

M&Aにおける買収価格の考え方

~ひとつの方法に固執せず、多面的な評価が必要~

2012年05月16日

間所 健司

M&Aが活況を呈している中、MBO価格に対する訴訟が相次いでいる。また、巨額な損失を隠すために、M&Aにおける不透明な取引と会計処理を行った会社については記憶に新しい。最近では、買いたい、売りたいという意欲のみが先行して、まともな価格交渉すら行われないケースも見られる。

本稿では株式の価値、事業の価値の一般的な測定方法を紹介し、それをもって経営者あるいは会社のM&Aに関係する部署の方々に初期的なバリュエーションをするに当たっての基礎的な知識を得て頂くことを目的としている。

買収するばかりではなく、一方で、企業は常に買収される危機にさらされている。経営者として自社の企業価値を把握し、今後どのように高めていけばいいのかを考える上での一助となることを期待したい。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連のサービス