1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. コンサルティングレポート
  4. 人事制度
  5. 2020年代の人材マネジメントの方向性(2)

2020年代の人材マネジメントの方向性(2)

コロナ禍の中で「普通の企業」はどう変わるか

2020年09月25日

経営コンサルティング部 主任コンサルタント 廣川 明子

サマリー

コロナ禍が人材マネジメントに直接的に影響を与え、再考を促しているのは「集合や対面が前提の業務運営」である。デジタルツールを活用した先進的な働き方やジョブ型雇用(以下、ジョブ型)に代表される新たな人材マネジメント手法が注目を集めているが、今後定着していくか判然としない。本稿では、追随者である「普通の企業」の動向からコロナ後の新たな常態(ニューノーマル)を考察したい。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連のサービス