1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. コンサルティングレポート
  4. 人事制度
  5. 人生100年時代における「定年延長」検討のポイント

人生100年時代における「定年延長」検討のポイント

働き方改革の視点から“定年”をとらえるとどうなる?

2019年04月12日

経営コンサルティング部 主任コンサルタント 増田 幹郎

サマリー

定年延長を検討している企業が増えている。昨年度お会いしたほぼすべての企業の人事部門担当者から、定年延長について「現在検討中」、「2~3年後に実施することを組合と協議中」等の声を聞いた(実際のコンサルティング案件としても定年延長を含む人事制度改定の支援に携わっている)。話題となる定年延長は、ほとんどが現在法定の下限年齢である60歳の定年制を65歳に延長するもので、その主な理由として「人手不足」を多くの企業が挙げていた。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連のサービス