1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. コンサルティングレポート
  4. 健康戦略
  5. ヘルスケアアプリの導入で健康戦略を

ヘルスケアアプリの導入で健康戦略を

行動変容を促し、結果を出すことが求められるステージへ

年金数理計算センター コンサルタント 江藤 俊太郎

サマリー

◆定年延長などを踏まえて、問題になるのが従業員の健康の維持・増進である。病気にかかった場合のコストの低減はもちろん、医療費がかかる以前の良好な健康状態に注目することも重要だ。

◆そこで企業が提供する各種ヘルスケアアプリやそれに紐づくシステムによって、健康状態を維持する試みに注目したい。目に見える好影響があれば、アプリで楽しみながら健康を損ねるコストの抑制につなげられるはずだ。

◆アプリによる行動変容が、健康状態の維持や医療費の抑制に実際に好影響があることをデータで証明していくステージへと来ている。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連のサービス