1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. コンサルティングレポート
  4. コーポレートガバナンス
  5. ESG指標を組み込んだ役員報酬制度

ESG指標を組み込んだ役員報酬制度

報酬制度設計の5つの視点

経営コンサルティング部 主任コンサルタント 小林 一樹

サマリー

企業のESG(環境、社会、ガバナンス)の取り組みが企業の役員報酬制度にも反映されるようになりつつある。CO2削減や従業員満足度などESGに関する取り組みの達成度を、役員報酬額の算定に組み込む企業が出てきている。背景にはESG投資の浸透に伴う企業と投資家のエンゲージメントの進展がある。役員報酬に組み込むことにより、ESGの取り組みを掛け声だけでなく本気で取り組むという姿勢を対外的に発信し、ESGの取り組みの実効性を高めたいという企業の意思が感じられる。昨今のESG投資への関心の高まりを踏まえると、今後も役員報酬にESG指標を組み込む企業は増加すると想定される。本稿では、役員報酬の制度設計の観点から、ESG指標を役員報酬に組み込む際に考慮すべき視点を整理する。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連のサービス