1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. アジアレポート
  4. アジアンインサイト
  5. インドネシア株式市場の概要(2)

インドネシア株式市場の概要(2)

活発化する中小・新興企業の新規上場

2018年12月12日

アジアコンサルティング部 シニアコンサルタント 中川 葉子

サマリー

近年、インドネシア証券取引所(Bursa Efek Indonesia、以下「IDX」とする)は資本市場の活性化に向け、上場企業へのインセンティブ供与(法人税減税)や上場基準の緩和、投資家層の拡大を目的とした売買単位の引き下げ、最低浮動株比率の引き上げといったさまざまな取り組みを政府と一体となって推し進めている。中でも成果が表れつつあるのが新規上場企業数の拡大だ。今年の新規上場企業数は11月末時点で52社となり、既に期初の年間目標50社を達成している。上場企業総数は昨年末の566社から、11月末の615社へと大きく増加している。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート