1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. 金融・証券市場・資金調達
  5. デジタル証券が生み出す新たなフロンティアの可能性

デジタル証券が生み出す新たなフロンティアの可能性

『大和総研調査季報』2021年10月秋季号(Vol.44)掲載

金融調査部 主席研究員 内野 逸勢

データドリブンサイエンス部 木下 和彦

金融ITコンサルティング部 清田 昌宏

サマリー

日本においてICO(イニシャル・コイン・オファリング)で発行されるトークンに対する法規制が整備され、ブロックチェーンを活用したデジタル証券(セキュリティトークン=ST)が発行されてきている。大手の金融機関だけではなく、発行体としての不動産会社、インフラプレーヤーとしてのFinTech 企業、大手のITベンダー、デジタル証券専業の資産運用会社を立ち上げる大手総合商社等、デジタル証券が生み出す新たなフロンティアの可能性を模索しつつも、中長期の将来を見据えた戦略的な取り組みが本格化している。

デジタル証券が生み出すフロンティアとは、“ 新たな仕組み” と“ 新たな商品” である。新たな仕組みとは、既存の証券会社と取引所を“ 介した”有価証券の発行・流通の仕組みのDXである。そのDXを牽引していく動きとしては、資金調達者の有価証券発行・流通コストを削減するために、大手金融機関との連携を含むFinTech 企業がブロックチェーンを活用した仕組みを構築して証券会社が担う様々な機能を代替していく取り組みが挙げられる。新たな商品とは、これまでの機関投資家向けの大口の証券化が小口にして証券化できるようになることで、新たな個人向けの商品が組成されることである。本稿では各業界の取り組みを踏まえて、その可能性を探っていく。

大和総研調査季報 2021年10月秋季号Vol.44

大和総研 リサーチ本部が、その長年にわたる知識と経験の蓄積を結集し、経済、金融資本市場及びそれらを取り巻く制度を含め、的確な現状分析に基づき、将来展望を踏まえた政策提言を積極的に発信していくとのコンセプトのもと、2011年1月に創刊いたしました。

大和総研調査季報(最新号はこちら)

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加