1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. ESG投資/SDGs
  5. 消費者や顧客の声を企業は活かせているか

消費者や顧客の声を企業は活かせているか

現在の顧客だけでなく、消費者全体の社会的なニーズの把握が重要

2019年11月21日

政策調査部 研究員 菅原 佑香

サマリー

◆事業者が、消費者全体の視点に立ち、健全な市場の担い手として、消費者の信頼を獲得するとともに、持続可能で望ましい社会の構築に向けて、社会的責任を自覚して事業活動を行うことを「消費者志向経営」という。

◆消費者志向経営に対する消費者の関心度合いは、高年齢層ほど高い。超高齢社会において、高齢層の関心を踏まえ、社会課題の解決につながる企業経営を行う意義は大きい。

◆消費者の製品やサービス選択の判断の1つには、販売時の説明やその対応なども重要な要素となっている。企業は消費者や顧客からの声を活かした製品開発やサービス提供を行うことはもちろんのこと、現在の顧客だけではなく消費者全体が求めている社会的なニーズを把握し社会の課題解決を図る視点から企業経営に取り組むことが求められる。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加