1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. ESG投資/SDGs
  5. ESG投資

ESG投資

~倫理としてのSRIから企業価値評価の手段として~『大和総研調査季報』 2014年春季号(Vol.14)掲載

2014年06月02日

河口 真理子

サマリー

環境や社会的な取り組みを投資の判断基準に加えたESG投資の世界市場は2012年で13.6兆ドル、運用金融資産の22%に上っている。市場拡大を支えているのは主に欧米の公的年金である。彼らは、気候変動などの地球環境問題の深刻化などから、投資の際に企業の財務的側面に加えて環境や労働人権などの取り組みを考慮することは、より精緻な企業評価につながるからとしている。ただ従来は、環境や社会性の情報(ESG情報)の入手は困難で、さらに入手できたとしてもその評価の仕方が分からなかった。しかし、最近では金融情報プロバイダーがESG情報発信を積極化させ、企業価値に結び付けるノウハウも蓄積されてきた。また2013年末には環境社会情報と財務情報を経営戦略の面から統合して報告する統合報告のフレームワークも公表され、ESG情報と評価手法の充実が期待される。


なおESG投資は年金だけでなく、個人投資家との親和性も高いと考える。被災地応援ファンドの人気をみても、「世のため人のため」になる企業に共感し応援したいと考える人は日本には多い。NISA向けにもESG投資は有望と考えられる。


大和総研調査季報 2022年4月春季号Vol.46

大和総研 リサーチ本部が、その長年にわたる知識と経験の蓄積を結集し、経済、金融資本市場及びそれらを取り巻く制度を含め、的確な現状分析に基づき、将来展望を踏まえた政策提言を積極的に発信していくとのコンセプトのもと、2011年1月に創刊いたしました。

大和総研調査季報(最新号はこちら)

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加