1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. コンサルティングレポート
  4. 人事制度
  5. 可視化から始める人的資本分析Ⅱ

可視化から始める人的資本分析Ⅱ

退職者分析から従業員リテンションを考える

年金数理計算センター コンサルタント 内野 慈

サマリー

◆近年、HRテクノロジーによる科学的な人的管理として、人的資源データなどの利活用が注目されている。人的資本の有効活用が進み、激しく変化していくことが予想される労働市場において、育成した従業員を離職させず、会社に定着させる従業員リテンションの取り組みは必要不可欠となる。

◆本稿では、退職給付債務計算で用いられている人事データを用い、従業員リテンションの取り組みへ繋げられるよう、可視化を中心とした退職者分析方法の深堀やさらなる活用方法について紹介する。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連のサービス