1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. コンサルティングレポート
  4. コーポレートガバナンス
  5. 2019年6月株主総会シーズンに向けた示唆

2019年6月株主総会シーズンに向けた示唆

令和元年、株主総会のポイントは広がる“株主の「物言う化」”

コンサルティング第一部 主任コンサルタント 吉川 英徳

サマリー

◆令和時代の到来とともに、2019年6月株主総会シーズンがスタートしている。2019年株主総会シーズンの注目点は、広がる株主の「物言う化」である。従来のいわゆるアクティビスト投資家だけでなく、海外機関投資家や国内機関投資家も積極的に企業に対し「物言う化」が広がってきている。

◆本稿においては、2019年6月株主総会を取り巻く政府動向や機関投資家動向等の外部環境を整理した上で、2019年2月・3月株主総会の動向を俯瞰し、2019年6月株主総会に向けた論点を整理し、令和時代の株主総会のあり方を見通していきたい。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連のサービス