1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. コンサルティングレポート
  4. コーポレートガバナンス
  5. コーポレートガバナンス・コードは本当に意味があるのか?

コーポレートガバナンス・コードは本当に意味があるのか?

経営者のアカウンタビリティとイノベーション経営

経営コンサルティング第二部 主任コンサルタント 吉村 浩志

◆「コーポレートガバナンス・コードは、自社にとって、本当に意味があるのか?」と問い、正面から議論をすることは、コーポレートガバナンス・コードを形だけのものにせず、自社の持続的成長につなげていくためにも重要である。


◆外部環境や社会的な規範が大きく変化しているときこそ、「会社の目指すところ」や「戦略的な方向付け」の重要性が強くなる。これらを変化した環境に応じて作っていくことが、経営者の本来の仕事である。


◆企業組織がイノベーションの潜在的な機会をつかみ、そこに経営資源を配分し、構成員や関係者のコミットを引き出していくことが今こそ必要である。コーポレートガバナンス・コードはこうした経営者の取り組みを後押しするものである。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加