1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. コンサルティングレポート
  4. ポスト再編コンサル
  5. ポスト持合い時代への対応

ポスト持合い時代への対応

資本市場との関係の再構築が求められている

2012年06月29日

深澤 寛晴

◆金融機関が政策保有(主に持合い)株式の売却を進めた結果、安定株主が減少している。株主総会で会社提案への賛成率が低迷するケースが散見されるなど、日本企業の敵対株主リスクが高まっている。グローバルな経済・市場環境もその傾向を助長している。

◆敵対株主リスクへの対応として、資本市場との対話により安定株主以外の株主の信任を高めていくことが求められている。具体的には(A)投資家の視点から企業の将来を語る(コーポレート・ストーリー)こと、(B)(A)の実施を監督する機能としてのコーポレート・ガバナンスの向上を図ること、(C)(A)及び(B)に関して投資家に正しく伝えること、の3つ。

◆企業は資本市場に関連して多くの課題を抱えている。相互に関連しているケースが多く、複数の課題を整理して対応していくこと、すなわち資本市場との関係を再構築していくことが求められている。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連のサービス