1. トップ
  2. パブリシティ
  3. 書籍
  4. ガイダンス 金融商品取引法

ガイダンス 金融商品取引法

ガイダンス 金融商品取引法

  • 定価:

    2,400円(税別)

  • 著者:

    吉川 満/堀内 勇世/横山 淳(大和総研 資本市場調査本部 制度調査部)

  • 発行:

    2006年11月20日発行 A5判 224p

  • 発行所:

    中央経済社(電話03-3293-3381)

内容

金融商品取引法は、従来の証券取引法を全面改正して、今後のわが国証券市場を規律する重要な法律です。内容的にも、インサイダー取引規制等の罰則強化、TOB規制や大量保有報告制度の見直し、ファンド規制の強化、横断的な「金融商品取引業」規制、販売・勧誘ルールについてのプロ・アマ区分の採用、上場会社に対する四半期報告書・内部統制報告書制度の導入など、大きな制度変更が行われています。
本書は、こうした金融商品取引法の内容を、図表などを用いて分かりやすく解説したものです。2006年9月に金融庁から公表された、主にTOB規制・大量保有報告書制度を巡る政省令案についても、可能な限り盛り込みました。

目次

  • 第一部

    「投資サービス法」としての「金融商品取引法」の導入
    Ⅰ 「金融商品取引法」という名の持つ意味
    Ⅱ 「金融商品取引法」の概要とそのポイント
    Ⅲ 証券取引法等改正法の成立

  • 第二部

    前倒しで実施される「証券取引法」改正
    Ⅰ 市場における犯罪・不正への対応
    Ⅱ TOB規制の見直し
    Ⅲ 大量保有報告書制度の見直し

  • 第三部

    「証券取引法」から「金融商品取引法」へ
    Ⅰ 金融商品取引法の基本構造
    Ⅱ 「有価証券」の定義
    Ⅲ 金融商品取引業
    Ⅳ 登録金融機関
    Ⅴ 特定投資家(プロ・アマ区分)
    Ⅵ 開示制度の強化と内部統制
    Ⅶ 金融商品取引所
    Ⅷ 金融商品取引業協会

発行所リンク

著者リンク

書籍TOPへ戻る