1. トップ
  2. ニュースリリース・お知らせ
  3. 2018年のニュースリリース
  4. AIを活用した経済指標予測の公表について
大和総研

AIを活用した経済指標予測の公表について

2018年12月26日

株式会社大和総研

株式会社大和総研(代表取締役社長:草木 頼幸、本社:東京都江東区、以下「大和総研」)は、人工知能(AI)を活用した経済指標予測モデルを開発いたしました。AIによる月次経済指標の予測値の公表を2019年1月から開始いたします。算出した予測値は大和総研のHPで公表いたします。

大和総研ではこれまで、毎月対象となる指標毎に複数のエコノミストが予測業務を分担しておりましたが、今後は、AIを活用した経済指標予測モデルに置き換えることで、予測業務の効率化と客観的かつ統一的な分析の実現を目指します。

大和総研のHPで公表を予定している月次経済指標は以下となります。
・機械受注 民需(除く船舶・電力)
・失業率
・一般職業紹介状況(有効求人倍率)
・企業物価指数(国内企業物価指数)
・第三次産業活動指数

なお、本プレスリリースと同時に、今回の取組みをまとめた資料を公表いたします。

大和総研は、今後ともAI等の先端技術を活用した業務効率化および情報発信を積極的に行ってまいります。

関連資料

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイトをご覧ください。

Get Abode Acrobat Reader

  • このエントリーをはてなブックマークに追加