1. トップ
  2. パブリシティ
  3. 書籍
  4. 「FinTechと金融の未来」~10年後に価値のある金融ビジネスとは何か?

「FinTechと金融の未来」~10年後に価値のある金融ビジネスとは何か?

「FinTechと金融の未来」~10年後に価値のある金融ビジネスとは何か?

  • 定価:

    2,200円(税別)

  • 著者:

    大和総研[編著]

  • 発行:

    2018年4月3日 408P

  • 発行所:

    日経BP社

FinTechによって10年後の金融ビジネスはどのようになるのか。誰もが抱く疑問であろう。本書は、23の最先端のFinTech企業の将来性の分析・検討を行い、10年後の未来の金融を占う。今後10年間にFinTechが新たな付加価値を生むために不可欠の根源的な要素、および付加価値が生まれるシーンについて検討を重ねた。その結論は、新たな革新的な金融ビジネスモデル(=金融イノベーション)は、“人の新たな発想×キーテクノロジー×正しい規範・規制” により、はじめて実現する。

FinTechにより金融イノベーションを起こすに至るまでのプロセスと、それに関わる「人」の役割の含意を、ビジネスの参考にしていただければ幸いである。

目次

  • 序章

    FinTechがもたらす金融イノベーション

  • 第1章

    FinTech企業先端事例の10年後の可能性を探る

  • 第2章

    FinTechが金融ビジネスの稼ぐ力(“発想力”)を強化できるのか

  • 第3章

    サイエンスとテクノロジーによる金融サービスの再構築

  • 第4章

    本当に規制が制約なのか

  • 第5章

    FinTechから見通す我が国の金融ビジネスの未来

書籍TOPへ戻る