1. トップ
  2. パブリシティ
  3. 書籍
  4. 情報セキュリティ・個人情報保護のための内部監査の実務

情報セキュリティ・個人情報保護のための内部監査の実務

情報セキュリティ・個人情報保護のための内部監査の実務

  • 定価:

    5,700円(税別)

  • 編著者:

    編著/島田 裕次
    著/宇佐美 泰/大和田 淳/川村 光利/五井 孝(大和総研)/小宮 英智/本田 実

  • 発行:

    2005年3月9日発行 B5判・345p

  • 発行所:

    日科技連出版社

内容

本書は、情報セキュリティ・個人情報保護を内部監査によって実現する方法について、具体的なモデルで示しています。規程やルールを作っただけでは、セキュリティは確保できません。また、規程やルールが実態に即したものかも分かりません。内部監査とは、PDCAマネジメントサイクルのうち、監査を行い(Check)、改善(Act)につながる提言を行うプロセスです。本書を実践することで、より強固なセキュリティが保たれるでしょう。

本書の三大特長

  1. 監査の初心者にも分かるように、内部監査の進め方と効果的な提言の仕方を提示
  2. 監査規程、監査計画書、監査チェックリスト(監査手順書)、監査調書、監査報告書作り方とそのモデルを提示
  3. モデルのデータをCD-ROMに収録

目次

  • まえがき

  • 第1章

    情報セキュリティおよび個人情報保護の内部監査

  • 第2章

    内部監査体制の整え方

  • 第3章

    監査マニュアルの作り方とそのモデル

  • 第4章

    効果があがる監査のポイント

  • 第5章

    監査チェックリストの作り方とそのモデル

  • 付録

    監査チェックリストの基本監査項目の部門別対応表

書籍TOPへ戻る