1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. コンサルティングレポート
  4. ビジョン/中期経営計画
  5. 成長戦略とイノベーション経営

成長戦略とイノベーション経営

ビッグデータの活用によるサービス産業のICT化が鍵

中野 充弘

サマリー

◆安倍内閣は6月に成長戦略第二弾(「日本再興戦略」改定2014)を発表した。そこでの重点項目にイノベーションを挙げている。「最大のポイントは、企業経営者や国民の一人一人が自信を取り戻し、未来を信じ、イノベーションに挑戦する具体的な行動を起こせるかどうかにかかっている」と記載されている。


◆日本企業のICT化は今のところコスト削減が中心であった。しかし「攻めのIT投資」(コスト削減のためだけではなく、顧客に新たな付加価値を提供することでビジネス拡大を図るために行う投資)がこれからは重要となる。イノベーションに直接繋がる投資となるからだ。


◆とりわけ生産性が低いとされるサービス産業においてICT化の進展が期待される。その有効な手段としてビッグデータの活用がある。


◆ビッグデータを活用したイノベーション経営は、政策面での後押しを受けながらこれからが本番を迎えることとなろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連のサービス