1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. コンサルティングレポート
  4. IR支援
  5. 2012年株主総会シーズンの展望

2012年株主総会シーズンの展望

独立した社外取締役の設置などコーポレートガバナンスが本格的な論点になる

藤島 裕三

サマリー

◆続発した企業不祥事などを背景に、わが国企業に対するグローバル投資家の見方は厳しくなっている。また資本市場の要請に応える形で、ガバナンス関連の規制強化は加速する流れにある。

◆2011年の株主総会シーズンは、監査役選任や退職慰労金贈呈などの議案で、賛成率が著しく低い事例が見られた。2012年は取締役選任など、より広範な議案で影響が生じる可能性がある。

◆投資家に自社のガバナンス観を説明するため、また規制強化に十分な準備を以て対応するため、ガバナンスの中長期展望を備えることが望ましい。上場会社のリスクマネジメントといえる。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連のサービス