1. トップ
  2. 事業・ソリューション
  3. コンサルティング
  4. 地方創生

地方創生

2014年、「まち・ひと・しごと創生法」が制定され、国をあげて「地方創生」を後押ししてきました。この背景には、我が国が確実に人口減少社会に突入するという危機感と、地方が元気にならなければ日本全体が元気にならないという思いが込められています。
大和総研では、この地方創生の主役である地方において、国や地方公共団体が取り組もうとする様々な活性化策実現のため、経営コンサルティングで培った企画・アイディアの提供から、シンクタンクならではの高度な調査・分析を実践します。

地方創生に関する支援

地方が抱く危機感の共有と地方創生を阻む問題点の洗い出し

地方活性化のためには、まずは各地域の特性を理解し、危機感を共有することが大切です。その上で、「地方の前向きな取り組み+国の的確な支援+ローカル志向の流れ」をうまく調和させつつも、時には大胆な考え方を取り入れて化学変化を期待することも必要になります。地方創生は、往々にして厳しい環境下に置かれている地域ほど劇的な成功事例が出ていることからも分かります。
大和総研では地方の的確な現状分析をベースに、地域の特性を活かしながら、大和総研グループ内に蓄積されている最先端AIやフィンテックの知見等も積極的に取り入れた提言を行います。

地方を活性化させるための処方箋を提供

具体的には、「地方の魅力のブランド化(ローカル・ブランディング)」、「最先端のICT技術を駆使した活性化」、「地域の働き方改革、稼げる街づくり」等々アプローチの方法は千差万別、地域の数だけ処方箋があると言えます。
大和総研では経営コンサルティングで培ったノウハウと経験、リサーチ部門の調査データ収集能力等を駆使して、地方活性化のベストな処方箋を提案いたします。

地方創生_地方創生の基本コンセプト

関連レポート