1. トップ
  2. パブリシティ
  3. 刊行物
  4. 2019年度版 投資家のための税金読本

2019年度版 投資家のための税金読本

2019年度版 投資家のための税金読本

  • 定価:

    1,500円(税別)

  • 著者:

    大和総研

  • 発行:

    2019年7月15日、472p

  • 発行所:

    日本法令

内容

2019年7月1日から、改正相続法の本格的な適用が始まります。これを受け、各種の税法上の見直しが行われています。配偶者居住権の財産評価方法、特別寄与料への相続税課税など、相続における重要な改正点について本書の中で説明しています。

また、2020年からは、投資信託の国外での税負担を国内の税負担から控除する措置が導入されます。これは個人投資家のリターンに影響を与える制度改正です。この制度についても、2019年に明確化された部分も踏まえ、詳細な内容を解説しています。

2019年度税制改正では、そのほか、個人版事業承継税制の導入、NISAの出国時の扱い等の見直し、既存口座のマイナンバーの告知猶予期間の延長、ふるさと納税の見直し、住宅ローン減税の拡充などが行われています。

本書は、これらの改正も含め、可能な限り最新の情報を盛り込んでいます。「つみたてNISA」を含む各種NISAやiDeCo(イデコ)にとどまらず、個人投資家の方が株式、公社債、投資信託、先物・オプション取引などの証券投資を行う上での所得税、相続・贈与税といった税制全般と、不動産税制をわかりやすく説明しています。

税金読本は皆様のご愛顧を頂き、半世紀以上にわたり改訂を重ねてきました。今年度版からは、全国の書店やネットで簡単にお買い求めいただけるようになりました。気軽に読める税金の本として、皆様にご活用いただければ幸いです。

販売

  • 全国の書店、amazon等にてお買い求めいただけます。

amazon(本書の販売サイト)

目次

  1. 2019年度税制改正で税金はこう変わる
  2. 所得税の基礎知識
  3. 住民税の仕組み
  4. 株式投資と税金—譲渡益・配当課税の原則—
  5. 一般NISA・ジュニアNISA・つみたてNISA
  6. 債券と税金
  7. 投資信託と税金
  8. 特定口座における株式・債券・投資信託と税金
  9. 外国証券・外貨預金と税金
  10. デリバティブ取引と税金—先物、オプション、FX—
  11. 年金・財形と税金の話
  12. 相続税のABC
  13. 財産を贈与されたら—贈与税の話—
  14. 相続・贈与に欠かせない財産評価
  15. 不動産にまつわる税金
  16. 税の手続きにおける必須知識
    付表・索引

刊行物TOPへ戻る