1. トップ
  2. パブリシティ
  3. 書籍
  4. 日本国の原則 自由と民主主義を問い直す

日本国の原則 自由と民主主義を問い直す

日本国の原則 自由と民主主義を問い直す

  • 定価:

    1,800円(税別)

  • 著者:

    原田 泰

  • 発行:

    2007年4月20日発行 317p

  • 発行所:

    日本経済新聞出版社

  • 受賞:

    第29回石橋湛山賞 受賞作に決定

内容

日本がうまくいっていないという感覚が広がっている。しかし、依然として日本は豊かで、安全で、自由な国だ。経済はなんとか成長し、犯罪率は国際的に低く(それどころか2004年以降、低下している)、所得格差もそれほど大きくはない。異常な犯罪が報道されるが、それは異常でまれにしか起こらないからである。(はしがき より)

目次

  • 序章

    自由と民主主義の生成

  • 第1章

    自由が生んだ明治の成功

  • 第2章

    失敗した戦前・戦中の統制経済

  • 第3章

    自由がもたらした高度成長

  • 第4章

    自由思想と体制選択

  • 第5章

    自由、民主主義、平和の一体性

  • 第6章

    アジア主義よりグローバリズムを

  • 第7章

    人口減少は怖くない

  • 第8章

    教育における「型」と自由

  • 終章

    自由の原則

書籍TOPへ戻る