1. トップ
  2. 事業・ソリューション
  3. コンサルティング
  4. その他調査・分析

その他調査・分析

資本市場に関わる調査研究やコンサルティングを通じて蓄積してきた、情報収集力と分析手法を駆使した「業界調査」や「個別企業調査」の受託を行っています。例えば、新規事業への参入や将来ビジョンの構築等を検討する際、当該マーケットの現状や将来性、競合他社の動向等の調査は不可欠です。迅速な意思決定が求められる時代にあっては、社内リソースのみの対応には限界があります。
大和総研では経験豊富な専門家により、スピーディな調査分析を提供いたします。また、リサーチ部門やシステム部門と連携し、高度な専門的知見をもとにした調査・分析を実践します。また、民間企業に限らず官公庁や地方公共団体等の受託調査においても数多くの実績を有しております。

調査・分析 受託調査の概要

経済波及効果の計測

今後本格化する人口減少・少子高齢化時代をむかえ、使える財源も制約が厳しくなる中で、できるだけ少ない投資でいかに経済を効率的に活性化させるかは、大きな課題になってくると考えられます。
経済波及効果の分析では、実施する施策が、経済へどのような影響を及ぼすかを計測・予測することができます。通常、産業連関表を用いて分析を行います。産業連関分析では、交通インフラ整備、入込客の増加、企業立地や企業生産の拡大、各種イベント等による経済波及効果をわかりやすい数値で示すことにより、客観性の高い評価が可能になります。

経済波及効果の計測

業界調査分析

戦後の世界をリードしてきた日本のエレクトロニクス業界が、今苦境に陥っています。激しい技術革新と新興国の台頭によるグローバル競争激化、消費者ニーズの多様化などにより、従来の成功体験が全く通用しなくなってきました。同様な動きは自動車、機械、建設、素材、小売り、金融など全ての業種に見られます。大和総研ではグループのリサーチ力を生かしてお客様ご自身の属する業界の将来像、あるいは新規参入を検討している他業界の収益構造や競争条件などを多面的に調査分析いたします。
ターゲットとなる産業の市場予測、制度・規制の状況、競合企業などを調査・分析し、経営計画策定やM&A、グループ戦略構築のための基礎資料を提供いたします。さらにお客様のご希望に応じて、カスタマイズされた独自調査ニーズにも対応可能です。

企業調査分析

ご提供いただいた経営指標、ヒアリング実施、公表されている数字などをベースに、第三者の立場からみた客観的な企業成長力等評価を提供いたします。さらに産業の将来展望も加味した同業他社との競争力等比較分析などを行います。また公表データを使用した他社分析資料なども提供いたします。これらの基礎データを活用して、お客様の抱えている経営課題を抽出し、中期経営戦略の策定等に役立てていくことが可能となります。なお、抽出された個別課題に対する有効なソリューションも大和総研コンサルティング部門にて提供いたします。

官公庁等受託調査

民間企業や産業に関する大和総研の調査・分析で得られた知見や手法を生かして、各種官公庁、県や市など地方公共体からのニーズに適合した受託調査を行います。テーマの社会的重要性、公共性などを十分理解し、トピックな課題から基礎的な情報収集に至るまで調査・分析を行います。
具体的な調査内容としては、国内外の文献調査、ヒアリング調査、アンケート調査、報告書作成、事務局サポート、委員会運営サポートなど、お客様のニーズに合わせた幅広いサービスの提供が可能です。リサーチ部門に長く携わった担当者が専門性とチーム力を発揮し、限られた時間の中で納得性のある調査結果を提供いたします。

関連レポート