TOP DBIのお知らせ DBIについて
DBI構成銘柄の明確化について

<2009年4月28日公開>

2008年以降に発行された、固定利付き期限付き劣後債(コール条項付き)6銘柄は、現在DBIに組入れられていません。

これは以下の理由によるものです。

  • 従来、コール条項が付与されているだけでは、必ずしもDBIの対象から除外されていませんでした。それは、コール条項が付されていても、実質的にコールされることはなく、 市場も事実上、満期一括型の債券と見なしていたためです。その典型例としては、日本国債20Yの41回債以下の回号がそれに該当します。

  • 一方、最終償還日よりもコール条項が優先されることが市場慣習となっている債券も存在します。典型例としては、銀行が発行する永久劣後債(コール条項付き)です。 従来であれば、このような債券は初回コール日に償還されない場合、変動金利となる債券であり、”公募の確定利付き円建債”に該当しませんでした。 

  • しかし、昨年度は、金融機関が公募発行するコール条項付き劣後債でありながら、最終償還日まで固定利付きである債券が出現し、これらはある意味”新型”とも言えます。このような債券は、最終償還日よりも前に償還される蓋然性が高く、本質的な意味では従来のDBI総合の銘柄構成と一致しません。 

  • また、古い習慣の時代に発行された債券と異なり、近年発行される債券はハイブリッド型の証券等の登場もあり、実際にコール条項が行使される可能性があると考えています。

従って、今後も2008年以降に発行されるコーラブル債(事業債、円建外債、地方債)は原則としてDBIの構成銘柄から除外します。


過去のWhat‘s New

「地方公営企業等金融機構の発足に伴う、地方債セクターのサブインデックス系列」追加につい<2009年4月1日更新>
データの修正について<2009年1月22日更新>
データの修正について<2008年11月20日更新>
「地方公営企業等金融機構等の債券」の扱いについて<2008年11月11日更新>
「日本政策金融公庫等の債券」の扱いについて<2008年10月8日更新>
データの修正について<2008年9月9日更新>
データの修正について<2008年7月31日更新>
データの修正について<2008年7月1日更新>
データの修正について<2008年6月5日更新>
「財融ABS(財政融資資金貸付金証券化商品)」インデックスの系列追加について<2008年2月26日更新>
「財政融資資金貸付金証券化商品」の扱いについて<2008年1月10日更新>
データの修正について<2008年1月7日更新>
「40年国債の新規発行」の扱いについて<2007年10月1日更新>
データの修正について<2007年8月20日更新>
財投機関債、投資法人債インデックスの系列追加について<2007年4月2日更新>
データの修正について<2006年10月30日更新>
データの修正について<2006年10月2日更新>
データの修正について<2006年5月8日更新>
流動性供給入札による国債追加発行の扱いについて<2006年4月12日更新>
データの修正について<2006年4月12日更新>
物価連動債インデックスの系列追加について<2006年4月1日更新>
「日本高速道路債務返済機構40年債」に関して<2006年2月27日更新>
データの修正について<2005年3月1日更新>
投資法人債の扱いについて<2005年2月1日更新>
変動利付き債インデックスの系列追加について<2004年12月3日更新>
石油債券承継国債のDBIでの扱いについて<2004年1月21日更新>
買取型RMBSへの対応について<2003年10月8日更新>
RMBSの算出対象化と、新指数「DBI-Investable」の公表について<2003年6月19日更新>
ダイワ・ボンド・インデックス改定について<2002年2月14日更新>

DBIのお問い合わせはこちらまで
Last Revised: Apr 1 2009

Copyright© 1995-2013 Daiwa Institute of Research Ltd.