アジア

ミャンマー国 農業・農村開発ツーステップローン事業準備調査

地域:ミャンマーテーマ:金融資本市場

ミャンマーでは、農業はGDPの3割を占め、労働力人口の6割が従事する重要産業である。また、人口の7割が農村部で暮らし、農業を主体とする生計を営んでいる。このため、ミャンマー政府は、農業・農村開発を重要分野の一つとして位置づけており、具体的方策として、農業・農村開発金融の拡充を掲げている。

本調査(委託元:国際協力機構 調査期間2013年8月~2014年2月)では、ミャンマーの農業・農村開発分野の中長期資金に対する潜在需要を調査し、円借款事業(ツーステップローン事業)に係る妥当性を確認した。

農村調査では、①ミャンマーの最重要作物であるコメの主産地(エーヤワディデルタ地帯)、②高原野菜等の栽培地(シャン州南部)、③今後、農業生産およびアグリビジネスの成長が期待できる地域(中央乾燥地)を調査対象地域として選定し、ミャンマー農業の現状と課題を確認した。

一方、ツーステップローン事業スキームの検討については、既存の農業・農村開発金融機関である農業開発銀行の実態調査を行うとともに、ミャンマーの財務省、農業灌漑省などの関係機関との協議を行った。

大和総研リーディングアジア

金融・資本市場、経済動向、各種制度をはじめとするリサーチ、アジア地域における事業展開に係るコンサルティングなど、大和総研はアジア諸国を中心にグローバル・ビジネスの展開・拡充を支援していきます。

お問い合わせ

事例紹介(アジア)に関するお問い合わせは大和総研が承ります。

お問い合わせ