沿革

1952年(昭和28年) 大和証券 調査部(リサーチ部門の前身) 発足
大和証券 機械計算部(システム部門の前身) 発足
1975年(昭和50年) 大和コンピューターサービス(DCC) 設立
1982年(昭和57年) 大和証券経済研究所(DSRI) 設立
1983年(昭和58年) 大和システムサービス(DSS) 設立
1989年(平成元年) 大和総研(DIR) 設立(DSRI、DCC、DSSが合併)
1991年(平成3年) DIRシステムマネジメント(DSM) 設立
1996年(平成8年) エーシーテック(2004年DIRシステムテクノロジーに社名変更) 設立
2007年(平成19年) 大和総研(上海)諮詢有限公司 設立
2008年(平成20年) 大和総研を大和総研ホールディングス、大和総研、大和総研ビジネス・イノベーションの三社に分社
2009年(平成21年) ニューヨーク、ロンドンリサーチセンター 設置
2011年(平成23年) DIRインフォメーションシステムズ 設立(DIRシステムテクノロジー、DIRシステムマネジメントが合併)
ファイテックフォース 設立(2013年大和総研ビジネス・イノベーションに合併)
訊和創新有限公司 設立
2013年(平成25年) DIR-ACE Technology Ltd. 設立
2014年(平成26年) DMS Ltd. 設立