経済・社会構造分析レポート
企業の人手不足と女性活躍推進に向けた課題(上)

企業の深刻な人手不足と女性雇用

2016年12月26日

  • パブリック・ポリシー・チーム 研究員 神尾 篤史

サマリー

◆企業の人手不足感が強まっている。しかし、労働市場の構造を仔細に見ると、日本全体で労働力不足に陥っているとは言えない。育児や介護に携わる必要があるといった事情で働くことができない人など、働くことを希望しているにもかかわらず労働条件や労働環境が希望に合わない人が多い。

◆そのような状況にあるのは、男性よりも女性の方が多い。日本では結婚、出産、育児などで女性が労働市場から退出するケースが見られ、女性の年齢別の労働力率を折れ線グラフで描くとM字型(M字カーブ)になることが知られている。労働者の希望する条件や環境を整えていくことが企業の人手不足を解消させる鍵となろう。

◆2015年8月に施行された女性活躍推進法(事業主行動計画の策定については、2016年4月施行)は、女性の活躍推進に向けた行動計画の策定や女性の活躍状況に関する情報の公表を義務付けている。そこで、本稿では女性の就業状況や女性活躍推進法について概観する。また、本稿の後編(下)では、女性活躍推進法に基づいて公開された情報に基づいて、業種別の女性活躍の状況とその課題を分析する。

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

書籍・刊行物

熊谷 亮丸 監修、大和総研 編著
この1冊でわかる 世界経済の新常識2018

私たちの日常生活には、「世界経済」に関するニュースがあふれています。「現状を理解するだけでも大変・・・」こうした悩みにお応えするため、本書では、米国や欧州、中国、日本の政治経済・金融政策に加え、日本の人材不足や地方創生といったテーマをわかりやすく解説しています。

熊谷亮丸、大和総研
トランプ政権で日本経済はこうなる(日経プレミアシリーズ)

「波乱はなし」と思われた米大統領選で、まさかのトランプ勝利!今後の米国・日本経済では何が起きるのか?トランプ勝利で不透明感の強まる米国の通商政策や金融規制、環境政策、日本経済の先行きについて、大和総研のエコノミストたちがやさしく、わかりやすく解説しています。2017年の経済情勢を見通すうえで必読の一冊です。