大和総研
株式市場緊急対策

2003年4月8日

株式市場再生のため、配当二重課税の廃止を提言する。個人投資家育成が狙いである。米国でも検討が進んでいるので、これに遅れず、早急な実施が必要。わが国の目指す、二元的所得税の枠内で配当二重課税廃止を実現するため、具体的には法人税法上、支払配当の損金算入を認めることを提案する。当初5年間は減税分は増配か自己株式取得に限定して用いることとし、投資家のメリットを図る。

関連資料

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®