入門 欧州経済
入門 欧州経済 第5回

ECBの欧州危機への対応

2013年7月25日

サマリー

欧州中央銀行(European Central Bank; ECB)は、現在欧州が陥っている「欧州危機」に対して様々な対策を行っています。欧州危機の起源はパリバ・ショックと呼ばれる出来事です。

それ以降、ECBは従来の金融政策に加えて、非伝統的な金融政策を導入しています。非伝統的政策とは、金融危機や財政危機によって健全な銀行ですら資金調達が難しくなったため(流動性危機)、以前よりも機動的に、大量に流動性を供給することです。これまでECBが講じた施策は、無制限の資金供給オペレーション(通称オペ)、長期資金供給オペの期間延長、担保資産要件の緩和、主要国中銀との通貨スワップ協定締結、国債購入プログラムなどです。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

書籍

経済指標を見るための基礎知識(Kindle版)

2012年12月13日から2013年2月21日まで、「経済の広場」で連載していました「経済指標を見るための基礎知識」が、電子書籍(Kindle本)として還ってきました。過去の連載時はGDP統計の解説までで終わっていましたが、その他の分野横断的な指標や個別指標の解説も大幅に加筆しました。また、その後の事態の変化を踏まえた追加・修正や最新データへのリバイズを行うとともに、電子書籍として利用しやすくなるよう様々な変更も加えています。

経済ナゾ解き隊—お金のホントを知る—

長年、エコノミストとして経済の動きの最前線に立ち会ってきた著者が、考える子どもを念頭に、お金をキーワードとして、わかりやすく語りかけます。経済というものを基本から知りたい、考えたい大人にもおすすめの本です。本書は、お金の始まりから昨今の国際的な金融危機まで、経済全体をわかりやすく解説しています。一通り読めば、世界の経済の流れが見え、世の中をかしこく生きる知恵として、お金の常識を理解することができます。