入門 欧州経済
入門 欧州経済 第2回

EUとユーロ圏

2013年7月4日

サマリー

皆さんは欧州へ旅行に行った経験があるでしょうか? 日本の旅行者に人気の高い欧州の国々(フランス、イタリア、スペイン、ドイツなど)では、国が異なっても「ユーロ」という通貨が使用でき、驚いたことはないでしょうか。しかし、例えばユーロスターでパリからロンドンへ移動してみて、「英国ではユーロが使えない!?」と慌てて為替の両替をした経験はないでしょうか?

同じ欧州の国々でも通貨ユーロが流通している国々とそうでない国々があります。EU(欧州連合)に加盟している国々すべてでユーロが流通しているわけではなく、ユーロを導入しているEU加盟国(=ユーロ圏)でのみユーロが流通しています。EUとユーロ圏の違いとは何でしょうか?

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

書籍

経済指標を見るための基礎知識(Kindle版)

2012年12月13日から2013年2月21日まで、「経済の広場」で連載していました「経済指標を見るための基礎知識」が、電子書籍(Kindle本)として還ってきました。過去の連載時はGDP統計の解説までで終わっていましたが、その他の分野横断的な指標や個別指標の解説も大幅に加筆しました。また、その後の事態の変化を踏まえた追加・修正や最新データへのリバイズを行うとともに、電子書籍として利用しやすくなるよう様々な変更も加えています。

経済ナゾ解き隊—お金のホントを知る—

長年、エコノミストとして経済の動きの最前線に立ち会ってきた著者が、考える子どもを念頭に、お金をキーワードとして、わかりやすく語りかけます。経済というものを基本から知りたい、考えたい大人にもおすすめの本です。本書は、お金の始まりから昨今の国際的な金融危機まで、経済全体をわかりやすく解説しています。一通り読めば、世界の経済の流れが見え、世の中をかしこく生きる知恵として、お金の常識を理解することができます。