欧州経済
ECBが資産査定、ストレステストの結果を公表

2014年10月27日

  • ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト 菅野 泰夫

サマリー

◆10月26日、欧州中央銀行(ECB)は、かねてから実施していた資産査定(AQR:Asset Quality Review)および健全性調査(ストレステスト)を含む包括的審査(Comprehensive Assessment)の結果を公表した。結果が注目されたストレステストでは、過去の結果を上回る130行中25行が検査不合格となり、資本不足額は悪化シナリオベースで246億ユーロに達している。

◆国別の不合格行を見るとイタリアが最大で9行、ギリシャ、キプロスが3行、ベルギーとスロベニアが2行、フランス、ドイツ、オーストリア、アイルランド、ポルトガル、スペインで各1行となっている。また不合格のうち12行はすでに現時点(2014年9月末時点)で資本調達等の対応を行っており、残りの13行に対しては、11月10日までの2週間の間に資本増強計画等をECBに提出することが求められている。

◆異例の日曜日に発表ということもあり、シティでは大手行の検査不合格などの情報も錯綜していた。ただし、当初から想定されていた通り、不合格行は南欧諸国の中規模の銀行が中心であったため大きなサプライズはなかったといえる。その一方で、肝心なのは、AQRの結果であろう。特に、審査基準で使用した不良債権の定義として、90日間延滞が生じた貸出に関しては、減損を実施したり債務不履行(デフォルト)と認識されていなくとも不良債権に識別されることとなっていたことは重要な事実として認識すべきである。

◆さらに、今回対象となったリスクアセットは2013年12月末時点であるため、今年発生したウクライナ問題などの地政学的リスクによる影響が織り込まれていないことは十分留意する必要があるだろう。特にロシア向け与信残高が多いフランス、イタリア、中欧・東欧地域の銀行ではさらなるリスクアセットの毀損が生じることは容易に想像できるといえる。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2016年11月16日
トランプ新大統領の今後と金融政策への影響

2016年10月26日
米国大統領・議会選挙のポイント

2016年9月28日
2016年9月FOMCのポイントと金融政策の見通し

書籍

川村 雄介 監修・著、
大和総研 著
『習近平時代の中国人民元がわかる本』

誕生から半年が過ぎようとして、“改革”に力が入る中国・習近平政権。なかでも、人民元は、中国が世界にアピールできる1つの武器となっている。本書では、人民元に対する素朴な疑問から、中国が目指す未来まで分かりやすく解説。そして、変わりゆく人民元に投資する際の留意点なども指摘している。

川村 雄介 監修・著、
大和総研 著
『ミャンマー開国 ― その経済と金融 ―』

民主化政策への転換を図り、開国したミャンマー。本書では、ミャンマーの歴史・政治体制を俯瞰し、人的資本、産業構造、対外関係、金融・財政などを統計に基づき客観的に解説、抱える課題や今後の経済発展に必要な政策についても述べています。ミャンマーをより深く理解して頂くため、多くのビジネスマンに活用して頂ければ幸いです。