中国経済
CO2排出削減で中国がすべきこと

今月の視点

2015年7月28日

2015年11月~12月にパリで開催が予定される国連気候変動枠組条約第21回締約国会議(COP21)を前に、中国が温室効果ガス排出の削減目標を発表した。具体的には、①2030年前後にCO2排出総量がピークとなることを目標とし、より早期にピークを迎えるように最大限努力する、②2030年までにGDP当たりのCO2排出量を2005年比で60%~65%削減する、③2030年までにエネルギー消費に占める非化石燃料の割合を20%に増やす、④2030年までに森林蓄積量を2005年比で45億㎥増加させる、ことを目標に掲げた。ちなみに、主要先進国のCO2削減目標は、日本は30年までに2005年比25%減、米国は25年までに同26%~28%減、EUは30年までに同35%減と、排出量そのものを大幅に減らすことになっている。

中国のCO2排出量が世界全体に占める割合は、2012年時点で26%と最大である。その中国のCO2排出量が2030年前後まで増え続けるのは世界にとって脅威であり、可能な限り早い時期でのピークアウトが望まれるのは言うまでもない。ただし、中国にしてみれば、経済政策運営のトップ・プライオリティは雇用安定であり、ある程度の経済成長の維持を最優先に、CO2を鋭意削減していくということなのであろう。

中国が掲げる目標は実現不可能ではない。2014年までにGDP当たりのCO2排出量は2005年比で33.8%削減され、森林蓄積量は第6回全国森林資源調査(1999年~2003年)の124.6億㎥から第8回(2009年~2013年)には151.4億㎥へと26.8億㎥増加した。

中国は2014年前後からCO2排出量削減への取り組みを強化している。2014年5月には国務院(内閣)が「2014年~2015年の省エネ・排出削減低炭素発展行動方案」を発表し、GDP当たりのCO2排出量を2014年は4%、2015年は3.5%以上削減するとした。さらに、2015年1月1日に環境保護法(改訂版)が発効。環境保護部による取締権限が強化され、違法工場の閉鎖や関連物品の押収、刑事拘留等に関する権限が認められ、罰金額の上限が撤廃されたこと、環境汚染に関して適切な対応をしない行政部門に対して、責任を追及することなどが明記された。

2014年以降、特に2015年上半期は、GDP当たりのCO2排出量削減は大きく進展したのではないか(2014年の削減率はまだ発表されていない)。上記のような取り組み強化もさることながら、固定資産投資(特に不動産開発投資)の減速により、鉄鋼、セメントなど電力消費量の多い産業の生産が低迷し、それが石炭燃焼の抑制を通じてCO2排出量削減につながったとみられるためである。景気が悪くなると削減率が高まり、(投資主導で)景気が良くなると削減はままならないのが、中国のこれまで辿ってきたパターンである。

今後、中国は景気が底打ちから回復に向かうなかでも、GDP当たりのCO2排出量を削減し続けなければならない。まずは、エネルギー効率が低く汚染物質を多く排出する設備については、従来のような一時休止ではなく、「廃棄」がしっかりと実施される必要がある。それに加えて、伝統的産業のアップグレードや戦略的新興産業の発展、サービス産業の発展など産業構造の高度化など、当たり前の政策を愚直に進めることが求められている。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2016年11月16日
トランプ新大統領の今後と金融政策への影響

2016年10月26日
米国大統領・議会選挙のポイント

2016年9月28日
2016年9月FOMCのポイントと金融政策の見通し

書籍

川村 雄介 監修・著、
大和総研 著
『習近平時代の中国人民元がわかる本』

誕生から半年が過ぎようとして、“改革”に力が入る中国・習近平政権。なかでも、人民元は、中国が世界にアピールできる1つの武器となっている。本書では、人民元に対する素朴な疑問から、中国が目指す未来まで分かりやすく解説。そして、変わりゆく人民元に投資する際の留意点なども指摘している。

川村 雄介 監修・著、
大和総研 著
『ミャンマー開国 ― その経済と金融 ―』

民主化政策への転換を図り、開国したミャンマー。本書では、ミャンマーの歴史・政治体制を俯瞰し、人的資本、産業構造、対外関係、金融・財政などを統計に基づき客観的に解説、抱える課題や今後の経済発展に必要な政策についても述べています。ミャンマーをより深く理解して頂くため、多くのビジネスマンに活用して頂ければ幸いです。