税制A to Z
道路特定財源の一般財源化法成立

揮発油税等の税収を道路整備以外に充てることが可能に

サマリー

◆「道路整備事業に係る国の財政上の特別措置に関する法律等の一部を改正する法律」(以下、道路改正法)が4月22日に成立し、4月30日に公布・施行される予定である。これにより、揮発油税・石油ガス税の税収について使途制限が撤廃された。

◆また、3月27日に成立し、4月1日に施行された「地方税等の一部を改正する法律」により、地方揮発油譲与税(旧・地方道路譲与税)、自動車重量譲与税等について使途制限が撤廃されている。

◆これらの2つの法律が成立したことにより、道路整備目的に使途が制限された税源は、国税においても地方税においても廃止され、道路特定財源は一般財源化されたことになる。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ