税制A to Z
有価証券の減損処理(会計・税務)(2)~時価がない場合

時価等が著しく下落した場合の評価損の計上及び損金算入

サマリー

◆2008年は、世界的な金融危機に被われた年となった。

◆その結果、我が国の企業における2009年3月期の決算は、保有している有価証券の減損処理が一つのトピックとなるものと考えられる。

◆そこで、本稿では、有価証券のうち時価のないものの減損処理について、会計・税務の双方の側面から、簡潔に解説するものとする。

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ