税制A to Z
中小特定同族会社の留保金課税の撤廃

2007年度税制改正シリーズ(5)

2007年4月25日

制度調査部 鳥毛 拓馬

サマリー

◆2007年度税制改正では、特定同族会社の留保金課税について、適用対象から中小企業(資本金または出資金の額が1億円以下の会社)が除外された。

◆今般の改正により、中小企業について、設備投資等の資金となる資本蓄積が促進されることが予想される。

◆本稿では、特定同族会社の留保金課税について概説したうえで、近年の留保金課税の改正について触れる。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ