証券・金融取引の法制度
株式の保有状況開示(いわゆる持合い開示)

サマリー

◆2010年3月31日、開示府令の改正が公布された。この中に、株式の保有状況の開示(いわゆる株式持合い開示)も含まれている。

◆具体的には、純投資目的以外の目的で保有する株式について、(1)資本金の1%を超えるもの、(2)貸借対照表計上額の上位30銘柄に該当するもの、のいずれかに該当するものの銘柄、株式数、保有目的、貸借対照表計上額を開示することが求められている。

◆改正後の開示府令は、2010年3月31日に終了する事業年度に係る有価証券報告書等(3月決算会社の場合、2010年3月期の有価証券報告書)から適用される。ただし、適用初年度は「上位30銘柄」ではなく「上位10銘柄」とするなどの経過措置が設けられている。


※本稿は、2010年2月16日付レポート「株式の持合い開示(案)」を、最終的な府令に基づいて書き改めたものである。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ