証券・金融取引の法制度
有価証券報告書の提出義務の改正

2008年金商法改正関連シリーズ

2008年12月9日

制度調査部 横山 淳

サマリー

◆2008年12月5日、2008年通常国会で成立した金商法改正法の細目を定める一連の政令・内閣府令が公布された(施行は2008年12月12日)。

◆この中で、有価証券報告書の提出義務要件の見直しも行われている。

◆具体的には、いわゆる外形基準(株主数基準)により有価証券報告書の提出義務が生じる株券等の所有者数を、改正前の「500名」から「1,000名」に引き上げることとしている。

◆同時に、いわゆるプロ向け銘柄については、上記の株券等の所有者数から特定投資家の数を除外して、有価証券報告書提出義務の有無を判定することとしている。

※本稿は、2008年9月26日付レポート「有価証券報告書の提出義務要件の見直し」を、最終的な政省令に基づいて書き改めたものである。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ