証券・金融取引の法制度
大量保有の変更報告書提出事由の細則

金融商品取引法シリーズ-45

2007年1月25日

制度調査部 横山 淳

サマリー

◆大量保有報告制度の見直しに関連して、その細目を定める政令が2006年12月8日に、内閣府令が12日に公布され、2007年1月1日から施行されている。

◆政令・内閣府令の中では、大量保有報告の変更報告書提出事由の整備も行われている。

◆具体的には、大量保有報告書の記載事項の変更には原則として変更報告書の提出が必要とした上で、影響が1%未満の共同保有者の追加などには提出義務を免除するものとしている。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ