金融システムの諸問題
清算計画(リビング・ウィル)

米国金融規制改革法(ドッド・フランク法)

2010年10月7日

資本市場調査部 制度調査課 横山 淳

サマリー

◆2010年7月21日、オバマ大統領の署名を受けて、米国金融規制改革法(ドッド・フランク法)が成立した。この中に、「清算計画(いわゆるリビング・ウィル)」の策定・報告義務も盛り込まれている。

◆金融システム上、重要な金融機関は、定期的に「清算計画」を作成し、FRB、金融安定監視協議会、FDICに提出することが義務付けられる。

◆FRBとFDICは提出された「清算計画」を審査し、その内容を不適切と判断した場合には再提出を要求する。金融機関が、期限内に問題点を是正した「清算計画」を再提出できない場合には、健全性要件等が加重されることになる。

◆更に、健全性要件等が加重されてから2年以内に是正した「清算計画」が提出されない場合には、FRBとFDICは、その金融機関に対して資産又は事業の分離命令を出すことができる。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ