金融システムの諸問題
ボルカールール

米国金融規制改革法(ドッド・フランク法)

2010年9月2日

資本市場調査部 制度調査課 横山 淳

サマリー

◆2010年7月21日、オバマ大統領の署名を受けて、米国金融規制改革法(ドッド・フランク法)が成立した。この中に、いわゆるボルカールールも盛り込まれている。

◆具体的には、商業銀行、銀行持株会社、これらの子会社・関連会社は、原則として、自己勘定取引及びヘッジ・ファンド投資等が禁止される。

◆加えて、非銀行金融機関であっても、システミック・リスクに影響を及ぼすような大規模な金融機関としてFRBの監督対象となるものが自己勘定取引やヘッジ・ファンド投資等を行う場合には、追加的な資本規制などが課されることが予定されている。

◆ただし、引受けやマーケット・メイクとの関連で行う取引、外国会社が専ら米国外で行う活動、軽微なヘッジ・ファンド投資などについては、一定の要件の下に適用除外が認められている。

◆その他、その負債が金融機関全体の負債の10%を超えるような金融機関の合併等も原則禁止されている(大規模金融機関の集中制限)。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ