会社法のすべて
株券電子化下の株主確認(情報提供請求)

株券ペーパーレス化レポートNo.34

サマリー

◆2009年1月に予定されている株券電子化が実施されれば、発行会社による自社の株主の確認方法も大きく変更される。

◆主な方法としては、(1)総株主通知、(2)個別株主通知、(3)情報提供請求があるが、発行会社からの請求に基づく個別の株主の確認は、(3)情報提供請求によることとなるだろう。

◆具体的には、発行会社が、確認の対象となる株主を特定した上で、振替機関(ほふり)に対して請求を行うこととなる。ただし、「正当な理由」がある場合しか請求は認められない。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ