会社法のすべて
会社法下の分配可能額

会社法関連省令シリーズ-12

2006年6月23日

サマリー

◆2006年5月から新しい会社法が施行されている。

◆会社法の下では、配当、中間配当、自己株式の有償取得などを「剰余金の配当等」と位置づけ、統一的な財源規制として「分配可能額」という制度を設けている。

◆旧法下の「配当可能利益」と比較して、臨時決算への対応、売買目的有価証券の評価益の取扱いなど、実質的に変更された部分もある。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ